この地に定着して約20年になる。
人通りも多いせいか、不思議な事が多い。
我が家の窓から見える不思議をupしてみた。
DSC_0740
一日に車庫のシャッターを10数回開け閉めする隣のじいさん。
まあこれは日中なのだが、開けたと思ったら閉める。
閉めたと思ったら開ける。
数えてみた事がある。14回の開け閉めが最高記録だった。
と言う事は、開けて14回、閉めて14回、合計28回だ。
そんなに開け閉めが必要なのだろうか?。〝不思議だ〟。

朝7時前に、買い物から帰ってくるばあさんがいる。
歩く音で分かります。ザーザーザーと長靴を引きづりながら
歩くので分かります。必ず長靴だ。
同じ人が、同じ格好でお昼にも。夕方にも。朝、昼、晩と3回の買い物。
同じ上着(合羽系)を年中きている。
もちろん赤い合羽系の上着は年中着ているので色あせている。〝不思議だ〟

朝7時前から玄関のドアを開けっパしている数軒隣の爺さん。
かといって内戸がある訳ではない。
雨が降ろうが、風が強かろうが、雪が降ろうが年中開けっパだ。
おつげでもあったのだろうか。〝不思議だ〟。

和室(たぶん)の窓を開けっパの家。
24時間開放している。
今時期は蝦夷梅雨でじっとりしているのに、雨が降っても
風が強くても開けっパだ。〝不思議だ〟。 

暑い日でも、寒い日でも長袖ジャンパーの襟を立てて、雨が降っても、晴れて
いても傘をさしてサッサ、サッサと結構なスピードで歩く若い男。
コンビニで買ってきたと思われるレジ袋を必ず持っている。
時間は決まってお昼頃だ。
通称、歩き人。そだそだ、マスクを顎に掛けている、口ではない顎だ。
これは気が付いた時にはしていたから、コロナだからでは無い。 〝不思議だ〟

人が多いと〝不思議〟な事も多いようだ。
そして、そんな事を観察?しupしている俺も不思議だ。