きーさん便り

釣りと民謡の話さあ

2019年03月

先日、「最近ブログに民謡の記事がねーぞー」と言われました
別に民謡活動をしていない訳じゃありません。
確かに、ここんところ民謡記事の投稿がありませんでした。
で、お久しぶりに民謡のお話です
昨日、室蘭市の新しい施設〝生涯学習センターきらん〟で
平成最後の上期〝資格認定審査会〟がありました。
イメージ 1
イメージ 3
審査会の前には、〝唄・伴奏研修会〟があり、
今回は、石〇谷唄指導委員長得意の〝どさんこ舟唄〟を
指導して頂きました。
開拓時代の苦労や状況を民謡にした、所謂〝新民謡〟です。
唄・伴奏研修会の進め方については、色々ご指摘も頂いて
おりますが、今後の課題でしょう。
30分ほど休憩を取り、資格審査会を実施、民謡の世界も
資格があります。勿論、国家資格ではないので、できるだけ
合格の方向で審査致します。
今回は全員合格です
イメージ 2
取得資格で課題曲が異なりますので、伴奏の先生方も大変。
唄と三味線と太鼓の受験者。
特に太鼓の高校生の撥捌きは見事でした。
動きが指導の先生そっくりです。

終了後の審議会では、特進の解釈で少し議論を交わす場面が
ありましたが、本日本部へ確認し解決。
中々説得させるのは大変だ。

さてさて、次の釣り日を模索しようか?

今日は10時まで宗八を釣り、その後沖根で
ジギングの予定。だった。
6時ちょうどの出港。
もうすでに太陽の位置は地平線から上。
まずは、クジラ半島から様子見で地球岬側へ移動しつつ
魚探画面を見つめる船長と酒井先輩。魚探画面は寂しい。
クジラ半島より少し地球側へ、86mでまたまた寂しい画像。
それでも先輩は3匹釣る。
船長「こんなの群れじゃねーよ」と、大きく06分まで
移動するも船長流れる画面が気に入らない( 一一)。
こうなったら地球岬まん前まで行くぞー。
イメージ 1
船長、04分やっと現れた画像に、GOサイン出しました。
ちょうど8時を回ったところ。
型は少し小さめだが、コンスタントに釣れる。
時々針数(船長オリジナル仕掛けの10本針)あり。
左舷の先輩はバラシが多いようだ。
船長「針が小さいんじゃないの?」とえらそうー。
イメージ 2
11時半ころ群れが途切れ始めて、付きも悪くなり
当初の予定の沖根へ移動。
先着艇がおり、即別根へ移動。
小一時間粘るも沖根での釣果は0。
宗八は大漁

先月28日の釣行以来、ジギングジグを入れたバッグが
見つからない。
記憶にある、最後のジグバッグは車の後部座席だった。
その後の記憶がない。
もしかしたら〝老人性痴呆〟か?。
そんなのまだまだ認めたくないのだが。
人生の時間は進んで行くだけだ。
そのジグさえあれば、くそー
仕方がないので、ヤフオクで落札中。
明日、120gのジグが届く予定だ。
次は根魚狙いだぁ~


28日に続いての釣行。
狙いは今が旬の〝宗八鰈〟。6時10分出港。
前日からの探し物。ジグを入れたバッグが行方不明。
物置から、車内、釣り用具バッグ、自室の隅々まで探したが
見つからない
で、出港前に船内を探してもない。
また、ヤフオクで揃えようと諦めて
予定より少々遅れての出港。
お久しぶりの朝日を拝みました
イメージ 3
前回と同じポイントに入る予定が、08分に船団あり、
漁船の遊漁船もいたので、釣れているんだろーと
思いながら、12分で釣行開始するも、だだ助そーの群れ。
08分の船団まで戻り、再釣行。
イメージ 1
遊漁船の他、プレジャーも数隻。
魚探はてェ~と、まあ群れはあるようだ。
イメージ 2
イメージ 4
イメージ 5
まあ、二人ともコンスタントに釣り上げてポーズ。
しかし、中型~中型の下あたりが中心で、少々意気消沈気味です。
それでも時折、大型交じりで先輩の〝おっしゃー〟と言う声が
左舷から聞こえます。

二人とも37㍑のBOX釣りになりまずまずの宗八釣り。
釣り始めが遅かったので、今一釣果は伸びませんでしたが
何とかギリギリ3桁キープ

先輩に「宗八釣りはもう終了かい?」と聞くと
「もう1・2回くらいは」と返ってきた
釣行中、腰を痛めた船長。「10日くらい間がほしいわ」。
腰を何とかしない事には、次がない。

そだそだ、帰港後、NAKAさんにご挨拶。
面と向かってのご挨拶も照れるもんだね

一晩塩をして現在日光浴中。
イメージ 6

しかし、昨夜からブログ作成に取り掛かっているが
PC側のメール受信がどうも不調です。
と言うより受信に時間が掛かりすぎ。
調べたら、受信設定が2時間になっていた。
pc入れ替えてから使い勝手が今一でしたが
今朝から、サイトを変更し作成しました。
快調です。
さてさて、ヤフオクをみてみようか。

↑このページのトップヘ