きーさん便り

釣りと民謡の話さあ

2017年05月

前回の釣行時、ロッドホルダーを破損してしまった。
劣化の為割れやすくなっていたのだろう。
酒井先輩の「んな物、塩ビパイプで簡単だべや」の
一言で作成する事にした。
YS GEARのカタログだと、4千円チョイ。
送料入れて5千円ってところ。
手仕事工作が得意の諸兄には何の事の無い作業かもしれないが
工作と言うものが不得意な小生。
汗をかきかき、なんとか完成。
完成したからには取り付けたい。
取り付けたからには、ロッドを立ててみたい。
立てたからには釣りに出たい。
イメージ 1
で、本日、天気はヨシ、しかし午後から民謡教室。
4時に出港して、11時に上がれば・・・フフフ
イメージ 2
本日近場の根を転々と・・・。
時間も無いのに、あれこれ理由をつけて沖に出たものの。
さっぱり来ない、
暇なだけの時間が通り過ぎる。
「あっ、ホルダーの取り付けが」と肝心な事を思い出し
2本取り付けてみた。
イメージ 3
右側の既製品と比べても、なんと立派なホルダーだこと。
中々の出来栄えを自画自賛してしまった
パイプ670円、金切のこの刃は家にあった。
白色塗料1本100円×3=合計970円。


10時沖上がり、12時帰宅。

で、釣果はてェ~と。かじか1、小ソイ1、宗八1.
全てリリース

久しぶりの近場の根でしたが、まあ、沖に出て
釣りを楽しんだって事でヨシとしようか?

しばらく民謡の仕事で、釣りに行けそうもないスケジュールが
続くようだ。

では、忙しくなる直前に行って来ようてんで、前日酒井先輩へ
メール。即返信有り「おー行く行く」。
4時30分出港。

近場の根に入るか、迷いましたが先輩の「遠い方から攻めるべ」
の言葉通り
巡航速度で40分後到着。
と言うか、体調不良(二人とも船酔い気味)でスピード出せず。
しかし、沖根の状態は良好です。
イメージ 1
今日も活性が良く、着底後直ぐに当たりあり、ソイ、ガヤが
針数でした。
潮が速く、中々position取りに手間取りましたが
イメージ 2
ソイ君も良型が揃い、真鱈君と刺身用に解体。
アニサキスが怖いので、いつものように二日間冷凍。
日曜日が楽しみです。

宗八も欲しいよねって事で、30分かけて移動。
霧がかかり見渡せない海況の為、闇雲でくじら半島から東側の
65mラインで操業再開。

エンジン音がするのでその方向を見ていると
でっかいトロール船出現。
イメージ 3
船名は日本語だったが、船体文字は変わっていた。

しかし、続かない宗八の群れ。ベタ底操業となりましたが、
コンスタントに中型、大型まじりで快調。

少しづつ霧が晴れて、周辺にはプレジャーが3艇。
イメージ 4
でもまあ なんだかんだで
今回も、蝦夷メバル、ソイ、鰍、真鱈、宗八と五目クーラー
イメージ 5
釣りとなりました

船長何時もの通り、12時前から帰り仕度。
13時少し前沖上がり。

霧がもう少し濃ければ、出船断念のつもりでしたが、
何とか楽しい釣行でした。
 船酔いが無ければもっと楽しかったはず・・・。


↑このページのトップヘ