きーさん便り

釣りと民謡の話さあ

室蘭地区民謡連合会の4ッ目の主催事業である、会長杯争奪年代別
民謡コンクールが7日にありました。
 
年代別ですから、当然年齢区分されます。
 
イメージ 1
琥珀君(5歳)が石狩川流れ節を唄いました。お囃子はお母さん、三味線と
太鼓はお師匠さんです。
 
審査は室蘭地区の代表的な先生方です。
みなさん全道大会の優勝者ですわ。
イメージ 2
大会開始前の打ち合わせでは、かなりの激論でした
もちろん審査の基準を統一する為の激論ですが。
 
記録集計係だって、間違いは100%許されません。
イメージ 3
幹事長ォ―。「神経使い過ぎで、また薄くなっちゃう。集計係は今回限りにして下さい」と言ったとか、言わないとか。
 
優勝、準優勝、第3位までが、5部門合わせて15人が受賞しました。
イメージ 4
最高齢86歳、そして琥珀君は5歳です。
 
ひらめ君の会も頑張りました。
若手のお姉ーさん達です。
イメージ 5
お互い切磋琢磨しておりますー。
めぐちゃんは江差追分を、結衣ちゃんは全国民謡を得意分野としております。
 
ひらめ君の会の他の子供達も頑張りました。ひらめ君とこは全員入賞です。
優勝2人、準優勝1人、6位、7位入賞でした。
イメージ 6
みんな良い顔してますよー。
記念写真に僕をさしおいて、寺○地区連会長がチャッカリ写りました。
なんという事だ。知らない方は勘違いしないで下さいね。僕(ひらめ)は
こ~んなに禿げてませんから。
 
そだそだ、6位が悔しくて泣いていた柚来ちゃん。
その悔しさの気持ちが大事なんだよー。
だって、賞もらったからうれしいじゃー、上には行けないもん。 
その悔しさをバネに、がんばろー。 悔しくって泣いたって事は
もっともっと厳しく指導して良いって事だよね。よォーし。
来週からはそのつもりで・・・。し・ご・く ぞー。
 
 
 
 
 
 
 
 

10月全道一般大会の個人諸費用の作成。
同大会参加者の一部変更届け作成送信。
バス会社との打ち合わせ。
座長芸能まつりの後援依頼作成、発送。
各支部宛て座長芸能まつり案内の作成。
と、結構ハードな毎日です。
 
そんな中、チャッカリ進めています。第2回烏賊釣り準備を。
イメージ 1
前回、棚がいまいちはっきりしなかったので、9本針から12本針に
増やしました。これで棚は3~4メートル伸びたはず。
仕掛け全体の幅代を少し広めにとったので、全体の仕掛け幅は20メートル超。
一番針と、底針には水中で光るヤツ(品名は忘れた)を取り付けました。
真ん中にも取り付けようかな?。
イメージ 2
イメージ 3
バッテリーの充電も完了、シーアンカーも洗浄し、乾燥も済みました。
前回から2週間後の来週あたり、烏賊君も少し大きくなってくれているでしょう。
烏賊海域も前回の20分あたりだったが、15分まできているようだし。
○老方面の友達にも届けたいし。
 
 あっ、きょうはお昼から民謡の稽古日だった。
ブログ更新している場合じゃない
稽古に行く前に三味線の稽古だあ~。
 

烏賊釣り二日続けて断念が悔しくて、本日行って来ちゃった
5時45分出船、7時釣行開始。
19分と20分を行ったり来たりで、100~150の水深です。
結構な数の烏賊釣り漁船団がいました。
イメージ 1
イメージ 2
 
迷惑をかけてはいけないので、烏賊釣り漁船の船団から離れての釣行でした。
本日オリジナルのアイテムを色々試しましたが、すこぶる好調でした。
イメージ 3
磁石を利用した、針置き台です。さすがネジューム(だったかな?)磁石
だけあって強力でした。ただ移動の時はオリジナルのショットガンに
収納しました。
イメージ 4
そして、このアイテムも絶好調でした。
イメージ 5
そして、そして何といっても今回良く働いたのが
こいつです。
イメージ 6
イカッチャ器で〆て、ジッパー付きの袋に入れて、真空パックにしました。
ハンディークリーナーです。
氷と氷の間にはさんで帰宅しました。ばっちりでーす。
結構画面に烏賊が映っていました。
イメージ 8
わかりづらいけどプツプツ(烏賊)映ってます。ときどき画面いっぱいの
プツプツもありました。もちろんその時は最高で7ハイつきましたよォー。
イメージ 7
おいしい初物もいただきました。うー、最高でーす。
12時30分沖上がり。釣行時間5時間30分。やや疲れた。
 
釣果はアイテムの試験操業という事もあって、70超えってとこかな。
今回は、オリジナルアイテムを使ってみたくて、行ってきましたが
まずまずの結果で満足です。
室蘭の民謡友におすそ分けし帰宅。
さあ~て、風呂に入ってから晩酌突入でーす。
きょうは、一番搾りで行こう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

夫婦釣り様。  ごきげんよう。
 
26日風強く波高し・・・、マリーナ―にて断念。
 
本日風まあまあで出船。しかし波、地球岬沖で荒れ狂う。空真っ黒 
 
地球岬でUターン。
 
てな訳で、二日連続の釣行も、二日続けての断念も
 
ひらめ、初体験です。
 
しつこく日曜日に再釣行します。
 
 
 

8月のスケジュールが終了しました。
全道小樽大会から始まって、昨日の資格審査会で8月の
スケジュール終了。
しかしまあ、推薦文のない申請書を事務局(ひらめ君)に提出されても
受理できません。申請者がトップの所へ行って推薦文を書いて頂いて
ってのが順序でしようが。前もって不備のないようにって
FAXでながしたんだがなぁ~。
事務局が何でもしてくれるわけじゃねーんだあ~(ひらめの心の叫び)。        プンプン。
まあ、役員も26年度で卒業する予定です。まだ発表していませんが・・・。
来年は、自分の会に専念します。
 
唄。伴奏研修会が終了後、審査会が始まりました。
審査会は、唄の上手、下手を審査するのではなく、正確に
唄っているか、伴奏部門は正確に演奏しているか等を審査し
合格不合格を決めます。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
何時もの大会と違って、皆が見てる直前で唄うのも結構しんどいです。
上は89歳の会員さん、下は小学校3年生まで、なんと幅の広い
民謡の世界でしょうか。
 
早朝から、昨日の書類の纏めも完成。それもこれも、明日烏賊釣りに行きたい
一心ですワ。
明日はオリジナルのショットガン改良型と、これもオリジナルの
仕掛け投入器二種類の試し釣りも兼ねています。
上手くいったら、手返しの遅さが少しは改善される予定です。
 
夫婦釣りさんのブログをのぞきました。サバが沢山いるそうだ。
そだそだ、サバの仕掛けを買って来なくっちゃ。
 
 
 
 
 
 

以前から欲しかった。
イメージ 1
音合わせ用のチューナーです。
尺八の先生が来ている時は、希望する音を尺八のの先生が
吹いてくれるので合わせやすいが、調子笛だけだと
未熟ものの為、難しい時もあった。
イメージ 2
以前から欲しかったアイテムです。
全道大会の出店で売っていました。
イメージ 3
三味線の天神部分のさらに月形という部分にクリップして
両方から▽マークが出て、上に三本の線が来れば
音合わせ終了です。写真は、Dなので、一尺八寸の高さです。
しかし、いつまでもチューナーに頼ってばかりもいられません。
イメージ 4
三味線全体からみると小さな物ですが、私には優れものです。
ついでに糸も買って来た。
イメージ 5
切れ始めると続くので、いつも在庫を持っていなくては、と思い
数本づつ買ってきた。当分は心配無くなった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     

全道幼少年、熟年、寿年民謡決勝大会に行って来た。
イメージ 1
寿年、熟年者の部は、味が勝負。
幼少年部門は、3部門。私の地区は幼少年江差追分の部で
6位入賞の玲奈さん。
寿年者の部で高坂氏8位入賞の成績でした。
 
玲奈さんは、結構良い追分でした。もう少し上位かなって思ったけどねー。
頑張ったから、小樽で一番おいしいソフトクリームを食べに行って来た。
イメージ 2
イメージ 3
 
少年の部が終了し集合です。
イメージ 4
 
子供たちは帰りのバス車中でも元気いっぱいですわ。
イメージ 5
彼女たち的には、モザイクだそうです。
花音ちゃんも、杏心ちゃんも頑張りました。
来年は、8月名寄、10月札幌で大会が開催されます。
 
今月は、結衣さんの秋田長持唄優勝で、道新(8/4)、室蘭民報(8/8)に
取材を受け、掲載されました。特に室蘭民報には私も写真で掲載されて、
忙しい日々でした。
 
さてさて、来月は江差町で、江差追分全国大会がありますので、気が
抜けませんわ。
 
 
 

明日、明後日と小樽市で、「幼少年少女・熟年者・寿年者全道民謡
 
決勝大会」が開催される。
 
したがって釣りは×。海も最悪の波高、台風が近づいているし。
 
しばらく釣りができそうにない。
 
で、こういう時は、仕掛けつくりに専念。
 
烏賊釣り仕掛けは毎年、4セットを用意しているが、今年は5セット
 
および予備針5本を用意した。
イメージ 1
 
昨年は、サバで2セットを駄目にし、1セットをサメにやられ
 
残りの1セットと予備の針で急遽、船上で作成し対応した。
 
昨年の反省として、手返しにも問題ありと気がついた。
 
いつももっと効率の良い手返しはないか、釣りながら
 
疑問に思っていた。
 
烏賊ショットガンも塩ビパイプで作成したが、針先が丸くなる
 
欠点がある。
 
今年の秘密兵器はこれです。
イメージ 2
 
完成品は後日公開予定でーす。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たった2シーズンしか持たなかった。
イメージ 1
船に昇降する時に使用している脚立です。
鉄の部分が腐食していた。油を塗ればよかったんだが、雨で
流れたら汚染になると思って、そのままにしていた。
たった2年か。
で、今度は自作した。
イメージ 2
鉄が駄目ならこんどは木材だ。
防腐剤を塗り、白ペンキで仕上げ。
イメージ 3
中々の出来栄えです。
今度は何年もつかな?。
 
ついでに、船台のバッテリーを交換した。
太陽光パネルを取り付けようとも考えたが、いつもメンテで
お世話になっている、K氏が「パネル取り付けての総額は結構するから
バッテリーを交換したら?。外した物を充電して置いて、電力が無くなる前に
交換するのさ」。これで決まり。
ホーマックで普通車のバッテリー2個。1万7千円。
イメージ 4
これで烏賊対策の②終了。
しかし1万7千円は痛かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

民謡の仕事も一段落した。
 
で、きょうは凪だし、出てみるべー。
 
7時イワシ釣り開始。
イメージ 1
 
三・四十釣ったのでひらめへ直行。
倶楽部艇も何艇か出ていて、無線でやり取りしていた。
イメージ 6
 
凪。気持良い凪。
早速2本立てで開始。
 
イメージ 2
二本立てでも、うんともすんとも言わず。
やっと辺りが来たと思ったら アブさんでした。
イメージ 3
分かりづらいけど43センチ。現在醤油漬けになってる。 
イメージ 5
 
一枚釣って ドヤ顔したかったが沈黙です。
マドリードで買った帽子をかぶって意気揚々だったが・・・。
 
こんな人もいた。
イメージ 4
追直漁港方面から来たようだ。
 
ひらめを諦めて湾内のイワシへ。
 
11時、100超えで終了。現在イワシのつみれに加工されている。
 
イワシ2時間。ひらめ2時間。
 
ひらめは釣れなかったけど最高の日和。釣りを楽しんだ一日でした。
 
さあて、あんまり釣れない夏枯れ。
 
9月から待望のイカシーズン。今年は5回は行くぞ―。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ